人生とサッカーはミスがあるからおもしろい


by oitaklaxon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

20周年 チームがあることにありがとう

ちょっと遅れましたが、

大分トリニータ20周年おめでとうございます。

トリニティ創立時から県リーグ、九州リーグとボランティアでマネと広報をしておりました。

1週間くらい前?の合同新聞にFC社員の内野さんのインタビューが載っていました。
内野さんは創立時、DFとして活躍していました。
トリニティが誕生したころの話、懐かしく読みました。
付け加えて、こういうこともあったよなーといろいろと思いだしていました。



☆練習場に、選手よりマネージャーの方が多く来た日があった。
あった、あった。仕事を持っていた選手が開始時間に間に合わなかったり。

☆車のヘッドライトの灯りで練習した。
あと、大分ガスグランドの照明はたまーに停電おこしたよな(笑)

☆W杯のスペイン戦でゴールを決めた元韓国代表のファンボさんも一緒にグランドの草むしりをした。
石ひろいとか、トンボ?で整備したり。

20年前、内野さんはセレクションに合格して入団しました。
そのセレクション、実は野口原グランドに見に行ってました。
知り合いがスタッフをしていたのでお手伝いをお願いされていましたが、特にやることもなく、ただただテストを受けている選手たちを見ていました。

初練習も野口原。
このとき初めて、選手やボランティアのみんなと顔合わせ。
何をサポートしたらいいのかわからず、おどおどしていたのを覚えています(苦笑)

初公式試合。
文理大グランド。
試合を見ているボランティアスタッフ(マネージャー)の緊張が半端なかった(笑)
私も緊張して、試合中ずっとドキドキが止まらない。
見ていられなくなって、おしぼりを洗いに行って気を紛らわせた。

あれから、20年。
昔のことほど、よく覚えているもんだ。
まだまだいーっぱい、思い出やエピソードがある。

いっぱい悩んだけど、青春だったな(笑)

環境はよくなかったけど、夢がありました。
今の日本代表の本田選手がW杯で優勝すると言ってるのと同じくらい、あの頃、Jリーグに昇格するというのは、想像できるようで、想像できない、届きそうで届かない夢。
でも夢のためにひとつになっていた。
信じてたんですよね、、、、そうなれると。
挫折はたくさんありましたけどね。

こうやって昔を振り返ることに抵抗がなくなったのも、10年を過ぎたころだったと思うけど、そこからさらに10年経っちゃった。

早い。時間は早い。

トリニータには、強くなってほしいのと同時に、愛されるチームになってほしいという思いはずーっと変わりません。

最近は、なかなか試合に行けてなくて。
でもいつでも気にかけています。

いつ無くなってもおかしくなかったチーム。
チームがあり続けていることに感謝!
[PR]
by oitaklaxon | 2014-06-27 00:12 | トリニータ