人生とサッカーはミスがあるからおもしろい


by oitaklaxon
カレンダー

2008年 03月 27日 ( 1 )

前半はうつらうつら見ていたバーレーン戦も、0-0で折り返したこともあって後半は画面に集中して見ていました。
バーレーンに1点取られても、バーレーンの選手達に「今のうちにせいぜい喜んどきな」くらいの余裕が私にはまだあって、いづれ追いつくだろう、終わってみれば日本が勝っているさと信じていました。
結局、敗戦しましたが、不思議と冷静でいられました。今までのW杯予選では日本がアジアの国に負けると気持ちがどよ~んと落ち込み、敗戦のショックを翌日まで引きずっていたのに。いい加減今までいろんな絶体絶命の場面や追い詰められ方を経験してきたせいか、すぐ気持ちは次に向かいましたね。
ほんと今までの経験で強くなったもんだ。でもまだ切羽詰ってないからってのが本音かな。上位2位まで次へ進めるし。全て終わったときにバーレーンより上にいればいいから。
中東のアウェイって独特なんでしょうねえ。そこで勝つってのがいかに大変か。バーレーンに限ったことではないけど、アジアの国ってほんとに国を背負って戦っているっていう空気があるし。それは日本よりも全然感じる。
それにしてもW杯本大会まであと2年なんて、、、以外に時間がない感じがする。

さあ、今日はオリンピック代表の試合。こちらはオリンピックまでもっと時間がない~!
森重君が見たいんですけど~(出してお願い)
連日サッカーが見れてうれしい!

ウイニングゴール4月号、サポーターズストリートの寺ちゃんのコラム読んでね
[PR]
by oitaklaxon | 2008-03-27 12:57