人生とサッカーはミスがあるからおもしろい


by oitaklaxon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:ソン・スンホン( 2 )

e0102146_23363928.jpg
12月12日、ソン・スンホンがフジテレビの強力なバックアップのもと、公式初来日しました!
成田空港にはペヨンジュンを上回る5千人のファンが殺到しました。
(私は行ってませんよ~。空港で待つ、ホテルで待つ、出待ちするなど長~い時間待ち続けるパワーが今はもうないのです)
ファンが殺到したというよりは、、、殺到させられたという方が正しいかも?
前もって、何時の飛行機に乗るか、到着するターミナルはどこか、成田からどこに移動するか、どのホテルに泊まるのか、、、全て公表していたからです。
所属事務所にしてもフジテレビにしても、ファンが集まることで人気を誇示したかったのだと思います。
ソン・スンホンの思いとは裏腹に、周りが韓流スターにし、商魂逞しく動いている。
本人は大好きだけど、俳優以外の仕事をこなしている現状を冷ややかに見てしまいます。
早く、ドラマや映画が決まってほしい。
もちろん、たくさんの人に名前を知ってもらうことも大事だし、来日はうれしいことではあるのですが。
ドラマや映画のプロモーションのための来日なら大歓迎なのに、、、ね。
e0102146_23391658.jpg
韓国繋がりでちょっと韓国サッカーの話を。
ドーハアジア大会準決勝で韓国がイラクに敗れました。
日本はU21で臨んだ大会でしたが、韓国は規定通りドイツW杯経験者やワールドユース組を多数含むU23にドイツW杯メンバー3名がオーバーエイジ枠で加わっている、まさに本気モードの布陣でした。
それは全て金メダルを取るため。金メダルを取れば兵役が免除されるからです。
プロサッカー選手であっても兵役義務があり、兵役につけばその期間プロのような練習ができないブランクが空くし、かといって兵役を終えないと、海外就労に制限があって、海外移籍が難しいそうです。
そんなこともあって、日本が敗退してから、韓国に注目していたのですが、
金メダルには届きませんでしたね。
ちなみに清水のチョジェジンは兵役終えてから、日本に来てます。
そういう悩みがない分、サッカーをする環境という点では、日本は韓国より恵まれているんでしょうね。
[PR]
by oitaklaxon | 2006-12-13 23:43 | ソン・スンホン
e0102146_23331877.jpg
ソン・スンホンはブローカーを使って不正に兵役逃れをしていた俳優のひとりです。
韓国の芸能界では兵役で2年離れると人気が回復することは難しいと言われていました。
そんな背景もあったと思われますが、本人はその理由を語ることも言い訳することも一切なく
過ちを認め自ら前線の部隊へと入隊し、人の2倍も3倍も努力すると言い兵役へと就きました。
この時、兵役逃れの韓国の世論の批判はすさまじいものがありました。
日本では実感しにくいこの兵役問題。
2年間兵役を勤めあげれは韓国の世論も許してくれるものと思っていた考えは間違いだったと知りました。
兵役逃れという事実は、一生消えず、厳しい目で今後も見られていくのです。
キャスティングが決まっていたドラマを取り終えてから軍隊に行けばいいと思っていた2年前の私の願いも今にして思えば甘かった(もちろん降板しました)
本人もこれからの人生は積み上げていけるのではなく、足りないものを埋めていく作業だと戒めていました。
ソウルでのアジアファンミーティングに行ってショッキングだったのは、
参加者の90%が日本人で韓国人はほんのわずかだったということでした。
除隊してすぐに派手なファンミーティングを行ったこと等々、ひどいバッシングを受けています。
この感情、どこかで聞いたことがある、、、そうそう、韓国の人達の日本への根深く許しがたい感情にちょっと似てると、、、、、、。
そんな彼が徐隊後の仕事の中心になっているのが日本でのビジネス。
12月12日に初来日する予定でフジテレビのイベントに出席したり、
日本人向けの商品を販売したり、、、。
複雑です。
最後の大物韓流スターなどと日本のマスコミに持ち上げられているけれど、コア層に人気があるだけで、日本人のほとんどの人がソン・スンホンを知らないはずです。
ただただ良いドラマ、良い映画に出て素晴らしい演技をしてほしい、、、
それだけなんですが、、、。
まずは本国でいい作品を作ってほしいです。
ほんとに誠実で人の心の痛みのわかる、素晴らしい演技をする俳優さんなんですよ!
[PR]
by oitaklaxon | 2006-11-29 23:40 | ソン・スンホン