人生とサッカーはミスがあるからおもしろい


by oitaklaxon
カレンダー

<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

天皇杯は高い意識で

e0102146_15274448.jpgナビスコ杯は千葉が優勝しました。
リーグ戦の合間を縫って行われるナビスコの試合は、
私は正直なところ、力が入らなかった。
リーグ戦に比べモチベーションがあがりきれない、、、毎年そんな感じ。
リーグ戦でいっぱいいっぱいで、余裕がない。
カップ戦でも気を抜かず、確実に勝ち上がり2連覇を達成した千葉は選手もサポーターも気持ちの強いチームなのだと思う。
特に千葉はリーグ戦にナビスコ、A3があって、代表選手はそれに代表戦も加わる。
選手もサポーターも強靭でなければやっていけないハードさ。
そこを考えるとそれをこなしている巻と、高松を単純に比べられない自分がいる。

さて、モチベーションを保ちにくいということでは天皇杯の試合も一緒。
気を抜くと足元をすくわれかねない。
浦和と静岡FCの試合でのレッズサポーターの応援はいつもとなんら変わりなかった。
相手が地域リーグのチームだろうと容赦ないブーイングを浴びせる。
あれではレッズの選手は手を抜けない。
サポーターが選手にモチベーションを与える。
そこがレッズの強さ。
明日のザスパ草津戦、普通にやれば勝てる相手だが何が起こるかわからないのがサッカー。
私達もいつもと変わらぬ応援でサポートをしよう。
[PR]
by oitaklaxon | 2006-11-04 15:30 | トリニータ

増田忠俊の経験力

e0102146_062766.jpg「SPIRIT OF ZICO」弾幕。
昔からの鹿島のサポーターが最近作った弾幕で、日曜の九石ドームでも掲げられていた。
わかりやすい。選手やチームにわかりやすく、伝えたいことがひと目でわかるメッセージだし、鹿島の歴史が詰め込まれてる言葉だと思う。
過去の栄光にしがみついているのではなく、アントラーズを作り上げた精神をかみしめて
新しいアントラーズを作っていこうとしているんだと私には感じた。

うちにもこの「SPIRIT OF ZICO」の魂を持っている選手がいる。
それが、増田忠俊。
黄金期のアントラーズであのジーコと一緒にプレーをしていたひとり。
ジーコから精神面やプロとしての心構えなどたくさんのことを吸収しているはず。
華やかなときも挫折も味わっているからこその知識と経験、若い世代に伝えてほしい。
なおかつまだまだやれるというプレーを見たい。
なかなか今シーズン、試合でプレーを見る機会が少なくて残念。
天皇杯で使ってもらえたらなあと思う。

写真は、1998年フランスワールドカップ出場を決めた後、日本代表に初選出されたときに
代表選手が特集されていた記事です。
やっぱり、かっこよかったよな~と思いました。

今日もイラン戦後の司のインタビューをひろいました。

インタビュー♪

**苦しい大会となりましたがこれでグループリーグ突破が決まりました**

司: そうですね、僕らの目標はまずワールドユース出場権獲得なので、まずはその戦いに挑めるということで一安心ですね。

**タジキスタン戦に続いてのゴール決まりましたね**

司: タジキスタ、、、あっ、そうですね。まあ、まあ狙ってたんでまあよかったです。

**え~、今日勝って、、ぁっ、今日、え~この試合終えて次はいよいよU20ワールドカップを かけての大きな一戦になりますが一言抱負をお願いします**

司: そうですね、そこに勝たないと意味がないので全力でチーム一丸となって勝てるようがんばっていきたいと思うんで応援よろしくお願いします。
[PR]
by oitaklaxon | 2006-11-03 00:18 | トリニータ

きらきら司

e0102146_20383444.jpg昨日のタジキスタン戦後、司のテレビインタビューです。
決勝トーナメント進出が決まったと勘違いしてたようですね、この時は。
言葉を忠実に拾ったので、文章で見ると変なところもありますが、
それを含めた方がリアリティがあるかなと思って手直しはしてません^^

この年代ではフル代表経験者ということでインタビューを
受けることも多いでしょう。
こういうのを見ると、めちゃくちゃ自慢したくなりますね。
司は大分の誇り!(でも決して九州の誇りではないですよ~)
あの頃がピークだったなあってことにならないように^^;
周りの状況が急変してしまったけど、
自分を見失わず、足元みつめてがんばってほしい。
サポーターはおだてながら厳しく育てていきましょう。

インタビュー♪

*** 大事な試合で大きな勝点3ですね***

司:そうですね、決勝トーナメント進出が決まったので大きい1勝だと思いますね。

**1戦目出られなかった梅崎選手にとっては今日が初戦となったわけですが、どのような思いで試合に臨まれましたか**

司:そうですね、やっぱりすごい初戦出たかったんですけど、
まあでも自分のコンディション不良のために出られなくて悔しい思いをしたのでやっぱりみんな1試合ちょっと疲れてると思ったので、
その分みんなの分もがんばって得点に絡んでいこうかなという気持ちで入っていきました。

**かなり得点に絡んでたんじゃないですか?**

司:そうですね、まあでも自分自身が得点を入れてなかったので残念ですね

**今日は4対0とチームにたくさんのゴールが生まれたことに関してはいかがですか?**

司:そうですね、リーグ戦ということでやっぱり数多く得点できる方がやっぱり有利になってくるので、やっぱり4点取れたというのは大きいと思いますね。

**これでグループリーグ突破に大きく近づきましたが次イラン戦に向けて意気込みをお願いします**

司:そうですね、やっぱりリーグ戦最終戦なので
やっぱりしっかり勝って決勝トーナメントに勢いをつけていきたいですね。

**期待してます。ありがとうございました**
[PR]
by oitaklaxon | 2006-11-01 20:43 | トリニータ