人生とサッカーはミスがあるからおもしろい


by oitaklaxon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

バサジィ大分の「ナカム~」こと中村正幸選手のブログの11月26日のコメント欄に書いていた、このナカム~の言葉に泣かされました。

>僕は一選手としての立場ですが、チームに誇りを持ってくれているサポーターの方が誇りです。
>どのチームのどんな選手も自分たちのチームのサポーターが一番だと思ってるはずです。
>僕も当然そう思っていて、バサジィサポーターがFリーグ一のサポーターです。

Fリーグの選手は、まだFリーグの認知度や知名度、人気度が低いためにサポーターの大切さをわかっている人が本当に多いです。
対戦相手だった湘南の選手達のバスを試合後見送ったのですが、湘南の選手もすごく感じがよくて、バサジィのサポーターも「Fリーグのサポーター」という感覚で接しているような感じを受けました。
今はそういう時期なのだと思います。

ところで、バサジィの試合会場では、バサジィの応援はオレンジを着るということが普通に出来ている人が多いです。オレンジを着るということが当然のように。
大分はトリニータのおかげで、チームカラーを着て応援をするという文化が確実に根付いています。
代表でも大分でも青を着てきたなかで、オレンジを着ることが妙に新鮮です(笑)トリニータとバサジィの切り替えもこの色の違いのおかげで出来ているのかもしれません。
残念ながら、湘南には負けてしまったけれど、負けたのに楽しかったという試合でした。今の観客動員数は1000人ちょっとですが、体育館なので入場出来る人数も何千人の世界です。
いづれ、バサジィの人気が出ればチケットが手に入りにくいという日が来るかもしれませんね。

バサジィ4選手(青柳、マルシオ、濱、中村)のブログはこちらからどうぞ!
         ↓
http://www.junglekouen.com/_t36
[PR]
by oitaklaxon | 2007-11-28 17:40

はげた芝でも

友達の友達が埼玉スタジアムで結婚式をあげたそうです。
友達の友達なので、私は全然知らない人なのですが、この人、レッズを応援するために九州を出て埼玉へ就職したのだそうです。
埼玉スタジアムからのプレゼントが「ACLの準決勝で長谷部選手が決勝点を入れたときにスライディングした際に、はげた芝生」!。
なんか超マニアックで笑ってしまいます。J1昇格を決めた大宮でまいた紙ふぶきを大事に持っているという人がいるのですが、こういったものたちはサポーターじゃなきゃ価値を見出せない代物ですよね^^
価値観なんてほんと人それぞれです。ある人にとってはなんの価値もないものでも、ある人にとってはとても大事なものだったりする。
そう思うと、世の中の価値観に振り回されるのは馬鹿らしいなと思います。自分の価値観で動いたもん勝ちです!
[PR]
by oitaklaxon | 2007-11-28 12:07
オシム監督の容態が毎日気になっています。

オシム監督は大分から初めてA代表を選んでくれた人だから。
大分のような地方のクラブにいても代表になれる証をくれた人だから。

回復を信じています。
[PR]
by oitaklaxon | 2007-11-20 17:35
浦和レッズがACL制覇!
アジアチャンピオンになりました。
同じリーグで戦いながら、レッズは「別モノ」のように感じられます。
BS朝日がACL予選から、レッズと川崎の試合を放送してくれたおかげで、ほぼ全試合の戦いぶりを見てきました。
あの、選手とサポーターの闘う姿勢と信念と団結力は、、、半端じゃないです。
リーグにACLに代表にと超ハードにかけもって出場してきた選手に対して「死んじゃうのでは?」と半分本気で心配ました。特に鈴木啓太~、、、タフすぎます!!!
信念が未来を創った、、、、、そしてひとつのことを成し遂げた、、道を切り開いた、、、そんな選手とレッズサポーターの戦いの様をみせてもらいました。

うちだって負けてませんよ。同じようなことを成し遂げているんです。
トリニティが県リーグだった頃。
「J」なんて遥か遠くの夢でした。
県リーグのチームがJ1まで上り詰めた、、、これはレッズがアジアチャンピオンになったことにひけをとらない事実です。
遥か遠くの夢ではあったけど、ぼんやりとではなく、はっきりと見てきた夢。
トリニータがアジアチャンピオンになることだって、遥か遠くの夢であっても、ぼんやりではなく、はっきりと見ていけば、いつか必ず成し遂げられる夢だと思います。
その夢に向かって、コツコツとまたひとつひとつの試合を大事に闘っていきましょう。
団結!!!
[PR]
by oitaklaxon | 2007-11-15 17:41
このブログで書けないのが「恋愛ネタ」
恋愛について、人生について、夢について語るのが好きなのですが、
特に恋愛感を語ろうとすると、過去の経験とか今の恋愛状態がどうしてもばればれで^^;

でも、人それぞれ恋愛感や価値観は違うし、最も興味のあることなんです本当は^^
いい恋愛をするにも、結婚してからいい関係を続けるにも、
お互いが「自立!!!」していること。
恋愛でも何でもかんでも依存性の高い私の高いハードル「精神的な自立」。
そして勇気!!!
☆人の目を気にしない勇気。
☆損か得かでものごとを判断しない勇気
☆失敗するかもしれないと思っても貫く勇気
☆好きなものは好きと言う勇気
☆未来のことを考えて今を判断せず、今の気持ちを大切にする勇気
☆自分を信じる勇気
☆自分のまわりの人を大事にする勇気
☆自分の心の壁を開く勇気
ほんとにハードル高いわ~。
よく生き様がかっこいいって人がいるけど、そういう人は
様々な勇気があって、そして自立している人なんだろうなと思う今日この頃です。
そういう人がいい恋愛をして、いい人生を送っていけるんでしょうね。
[PR]
by oitaklaxon | 2007-11-14 12:07
今シーズン初の「キムチ鍋」!!!
e0102146_2019121.jpg
日本で食べる韓国料理は好きだけど、本場韓国で食べる料理は口に合わないだろうなと思っていたら、ソウルで食べた焼肉に麺類に海苔巻き、とにかく食べるもの食べるものが本当においしくて取り越し苦労だったな~という経験をしました。同じようにソーセージが好きじゃなくて普段ほとんど食べない私が、ドイツのソーセージのおいしさには、もうことごとくやられたんです。やはり行って見てやってみて初めてわかることってたくさんあります(食べ物の話じゃ説得力ないんですが)。ソウルもドイツも行ってから1年が経ちました。時の流れはあっという間です。ヨーロッパやアジアの国々、エジプトにも行ってみたいし、日本にも行きたいところはたくさんあります。行きたい行きたいといっている間にほんとに時間は過ぎていきます。一日一日を平凡に刻みながら、無駄な時間も持ちながら、時折行きたいところへ行って、知らないことに出会う生活ができたらいいな。その中に当たり前のようにトリニータがあって、今日みたいに「大宮に勝利」の報が入って心がはずむ瞬間があって。私はとにかく生きてる世界がまだまだ狭いと思ってます。いろんなものを知って感じるそんな機会を積極的に作っていきたいなと自分を鼓舞していこうと思います。自分を鼓舞できたら、もっと選手も鼓舞できるんじゃないかと思えてきました。疲れない程度、頑張り過ぎない程度に、、自分のペースで。
[PR]
by oitaklaxon | 2007-11-11 20:19

大輔 笑顔の波動

e0102146_20202153.jpg
大宮戦に行けないので、気持ちを伝えようと練習見学へ行きました。
さぞや大勢の人が来てるのだろうと思いきや、、、、あれ???見学者少な~~、マスコミ取材少な~~。
雰囲気も普通~~。私だけ肩の力入っちゃってる?声をかけることができた選手にはプレッシャーかけるより、いつも通り、落ち着いて、最後まで頑張ろう的なことを伝えたつもり。
この選手達は大丈夫。落ちることはない。愛するが故の信頼感ってやつです。ただお尻は叩き続けないとだめでしょうね!優しい選手が多いから。

私の思い込みで大輔は練習場には来てないだろうと思っていたので、グランドで見かけたときにはすごくうれしかったです~。
大怪我をしてリハビリ中だと、あまり元気がなかったり、ちょっと不機嫌だったり、サポーターを避けたりする選手もいます。自分のことで精一杯になって余裕がなく、周りの人に気を遣えなくなるものです。でも大輔は違いました。私は大輔の笑顔を見て、「目から鱗!」(ちょっと表現が変?^^;)でした。
自分が大変なときでも、あの太陽のような明るさと笑顔を振りまける。すごい人だと思いました。大輔の「笑顔の波動」はみんなを元気にしますね。
ミスチルの「いつでも微笑みを」を自然に体現している感じ。心からの笑顔は難しい。でも笑顔の持つ力を大輔から教えられました。
笑顔は幸せを運んでくれるとまた信じてみようって思わせてくれた大輔に感謝!
[PR]
by oitaklaxon | 2007-11-10 20:21
今週末の大宮戦、残留争いの直接対決!大一番!!!
どんなに大切な試合で、今後の運命を左右する試合かは
選手もサポーターもわかりすぎるくらいわかっている。
日曜日の夕方の試合だけれど、無理をして大宮へ行く大分サポーターは
大勢いる。
こんな大一番の試合に現地へ行けない自分にもやもやする。
うちにとっても、大宮にとっても負けられない戦い、こんな緊張感のある試合を左右するのは選手とサポーターの気持ちなんだろうな。
この日は現地へ行くサポーターも現地へ行けないサポーターも一緒に気持ちで戦っていることに変わりはないと思う。
大宮戦は最後まで勝つことを考えて戦う。
今は大宮戦のことだけ考える。
でも、これで終わりではない。
大宮に勝っても、
大宮に引き分けても、
大宮にたとえ負けたとしても、
そこで終わるわけじゃない。
その後も戦いは続く。
だから大宮戦が全てだけど、全てじゃない。
大宮戦が全てじゃないけど、全て。

(あ~、だけど今の時期に大宮と残留争いしていることが悔しいね)
[PR]
by oitaklaxon | 2007-11-06 23:35
e0102146_22355263.jpg

あいのりで長い恋愛の旅を終え、その後旅をしたアフリカでアクセサリーの買い付けをして、アフリカンアクセサリーのお店「マサイマーケット」を原宿に開いたヒデ。アフリカの子供達のための活動も精力的にやっています。そのマサイマーケットが、パルコで期間限定出店されました。ネットでアフリカンアクセサリーを見て一度原宿のお店へ行ってみたいなと思っていたのに、まさか大分でマサイマーケットのアクセサリー見れるなんて!しかもヒデにも会えるなんて!思わず、たくさん買っちゃいました。前からほしかった地球をイメージしたペンダント。キラキラしてかわいいブレスレット。幸運を呼び、肩こりにもきくというリング。手作りの温かさが伝わる民族衣装を着たお人形ストラップ。どれもほんとかわいくてお気に入りです。男性用のかっこいいブレスもありましたよ。お買い上げすると、ヒデがひとりひとりに違う言葉でポエムを書いてくれました。私が貰った言葉は、、、秘密です。その言葉を読んだとき、鳥肌たちました。たまたまなのだろうけど、いろんなことに迷っている私にあまりにまっすぐに心に響く言葉。思わず「すごくうれしい」と言ってしまいましたが、ヒデに聞こえたかはわかりません。ほんの少しだけどお話もできたし、今度は原宿のお店へ行きたいな~。ヒデのアフリカの子供達への支援活動をこれからも応援したいなと思います。
[PR]
by oitaklaxon | 2007-11-05 23:17
e0102146_23352759.jpg

芸術的で幻想的で温かい光を放つ竹ぼんぼりとオブジェが町中に点々とある「うすき竹宵」。「火」って人の心を癒す不思議な力がありますね。ほんとなら30分でも1時間でも同じ場所で
ずーっと「火」を見ていたいくらいでした。「火」って見てて飽きないから。でもとにかくすごい人出で、次から次へと竹ぼんぼりの設置してある場所から場所へと移動していくため、ゆっくりとした時間を過ごすのは今回は諦めました。それでもゆっくりと歩きながら臼杵の城下町も一緒に堪能できました。臼杵市民の皆さんのおもてなしも「火」と同じように温かかったです。
結局のところは、人の温かさや心が人を惹き付けるのでしょうね☆
[PR]
by oitaklaxon | 2007-11-04 23:48